2021年06月21日

日焼けは健康的?それは昔のことですよ!

一昔前は真っ黒に日焼けしているのが健康的と言われる時代がありました。



夏休みが終わって学校へ行くと、顔から手から全身真っ黒になって登校してくる人がクラスに一人はいましたし、



学校でプールの授業の時には、僕が一番にとプールサイドに寝転がって体を焼いてまでしていました。



体を日焼けして黒くすることが健康的だというような迷信は、どうして生まれたのでしょうか。



看護師の母は、色の白い私に「日焼けは良くないよ」という教えでしたので、特に日焼けをしたいとは思わなかったし、



子供のころにそうしなかったのは、大人の今で正解だったと思っています。



日焼けをするということは、紫外線はたんぱく質を変性させ、皮膚に紫外線が照射されると皮膚を加齢させるという話で私は信用していたので、



夏の屋外では長袖シャツを着たり、目はUVカットの保護メガネをしてなるべく素肌を陽にさらさないようにしています。



紫外線は太陽から直接降り注ぐ物だけが有害というわけでは無く、道路のアスファルトや海面、ゲレンデの雪に反射したものにも注意が必要です。



色の白い私のことを「気持ち悪い」と言ってきた女性もいますが、私としては健康を害してまで日焼けをしたいとは全く思いません。



日焼けをするなら紫外線の強すぎる時間帯を避ける、一日当たりの陽に浴びる時間を決めてから行うべきでしょう。
posted by 肌を守る at 00:00| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

UVカット!NO NO日焼け!

最近就寝前のマイブームが、YouTubeのスキンケア動画を見る事…。



すぐにオススメスキンケアを真似して買いたくなる深夜…。ひたすらYouTube動画を見るうちに



「ぁあ?綺麗この人」とため息…そして共通点は皆白くて綺麗?よし!今年は美白する!洗濯物をちょっと干す間もUV!ちりつも日焼けが蓄積されて浅黒い…。



毎年夏の始まりに気合い充分のサンバイザーを買い、今日は洗濯物も少ししかないしまぁいっか!とどんどんサンバイザーを付ける頻度が減ると言う落ち。今年は絶対焼きたくない。この、ちりつも日焼けをいかに軽減出来るかで秋の白さキープに繋がるはず。



日焼けを徹底的減らしてシミ予防!!もしたい。

ビタミンのサプリメント何かも飲んでみたりして。





日焼け止めも種類が多くて選びにくい…

べたっとするのも嫌だし、サラサラすぎても汗で流れないか不安。SPF50+++とかお肌にきつくないかちょっと心配になったり…。



今年は日焼け止め選びを慎重にしなくてはマスク焼けも心配。又YouTubeで日焼け止め解説動画で勉強しなくては。



梅雨のジメジメ??時期に日焼け止めをベタベタ塗ってさらにマスク!考えただけでも息苦しくなる…。美肌への一歩と我慢し首、手の甲、顔なども今年は日焼け予防に徹底し、寝起き顔を洗ってからまず日焼け止め迄の一連の作業を徹底しよぅ!!
posted by 肌を守る at 00:00| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

アラフォー主婦シワをなくしたい!

私がシワを気にし始めたのは30歳くらいの頃だったと思います。気になったのはほうれい線です。前はそんな事気にした事なかったのに、鏡を見るたびになんか気になるし、写真を見るとうっすらとほうれい線が…。

ほうれい線一つであんなにも老けて見えるとは知りませんでした。特に笑った時に目立つので、笑うのが気になるようになり、なんとなく笑えなくなっていってしまいました…。

キッチリと化粧をしてファンデーションをしっかり塗った方がほうれい線は目立ちやすかった気がします。ですので、もうお手上げ状態でした。

自分のほうれい線と改めて向かい合うキッカケになったのは子供の出産です。子供が産まれてからは、お宮参りにお食い初め、ハーフバースデーや一歳バースデーなど、とにかく写真を撮る機会が増えました。

しかしその写真でもくっきりと目立つほうれい線…。子供の肌がツルツルピカピカな為、余計に自分のシワが目立った気がします。

それからはほうれい線に効果があるクリームなど使ってみたりしましたが、どれも効果は今ひとつです。結構高いお金を出したのですが、良いものにはまだ出会えていませんが、メリフはどうやら私の肌にあってるようなので使い続けてみますが、プチ整形でもしなきゃ無理かなと思ってきました涙。
posted by 肌を守る at 14:14| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

意識的に肌を守ること

肌におけるさまざまな負担の中で最も強いと言われているのが紫外線になります。

やはり紫外線はよくない、ということになりますから、それは注意しておきましょう。具体的にいいますとなんといってもまずは紫外線クリームなどお肌に塗るということから考えてみることです。そうすることによって、肌をしっかりと守ることができます。

シミ、そばかす、たるみとか色々とよくない方向になってしまうのが紫外線ということになりますのでこの紫外線を浴びないようにするということが重要です。

夏は紫外線が強いとか冬から紫外線が強いとかそういうことがあったりするわけですが基本的には常に浴びないようにしたほうがよいので、この時期に特に強く行った方がいいとかそういうことはありませんので、ほぼ毎日紫外線カットはしたほうがよい、ということになるでしょう。

そうすることによって肌を守ることができます。

守ることに関してはなかなか大変なことが多いのですが、いきなり効果が出てくるわけではないにしてもそれなりに期待できます。それこそ肌を晒すことをしないと日光から守る、ということだけをちょっと意識するだけでもそれなりに効果が期待できるのはなかなか嬉しいところです。
posted by 肌を守る at 01:51| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする